東京全域検索へ! ネイルの基礎知識
ネイルの基礎知識

爪白癬とは?

爪白癬とは?一般に「爪水虫」と呼ばれる爪の間の白癬菌感染症のことです。
最初から爪に水虫が現れるケースは少なく、たいていの場合は爪と隣接する指先が水虫になり、それから爪の間へゆっくりと浸食します。
ですから、長期間にわたって白癬を患っている人は比較的かかりやすい症状と言えます。

近年では特に女性が、この爪白癬に注意する必要があります。
美容の上で爪を伸ばしていると爪の間に菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいますし、また蒸れやすいブーツを履いたり、靴を履いた状態で過ごす時間が長かったりすると足全体の健康にも良くない影響を与えてしまいます。

この爪白癬の厄介なところは、初期段階で自覚症状がなく、爪の先の色が白っぽくなるだけ、という点です。
この段階であれば爪切りで切り落とし、外用薬を塗るだけで容易に完治しますが、ネイルなどを長期間していると、まず気づくのに遅れてしまいます。
その間にも爪白癬は浸食をし、爪全体が白、黄、黒と変色をしていきます。
気づいたときには爪が盛り上がってきて最終的に崩れ落ち、菌は四散して次の爪へと感染します。
症状が重くなると靴を思うように履けなくなったり、歩けなくなったりすることもありますし、家族をはじめ他の人へ水虫が感染する恐れも出てきます。

普段からできるだけ爪のケアには気を使い、少しでも違和感を感じたら早めに医師やネイリストに相談することが大切です。
爪白癬の治療の際には、主に内服薬と外用薬を用います。
通常の白癬であればスプレーや塗り薬だけで完治しますが、浸食の進んだ爪白癬は外用薬だけでの治療は難しいと言われています。
まず、医師の処方による内服薬をもらって毎日服用します。
それから、足を白癬用石けんで洗って清潔にしたところで、外用薬として抗真菌剤を水虫の箇所に塗ります。

根気よく治療を続ければ、早ければ2〜3ヶ月で、長くても1年以内には完治します。

ネイルサロンの全国検索サイトです。ネイリストの求人も検索可能。ジェルネイル・スカルプなど安いクーポンが満載のポータルサイトです。

利用規約サイトマップ
Copy right(c) 2007-2019 ネイルサロン@全国ナビ All Rights Reserved.
まつげエクステ@サロンナビ