東京全域検索へ! ネイルの基礎知識
TOP > ネイルの基礎知識 > ジェルネイル
ネイルの基礎知識

ジェルネイルとは?

ジェルネイルとは?UVで硬化するアクリル系樹脂のジェルで作る、人工爪のことです。
2006年頃から流行しはじめ、今ではジェルネイルの専門店ができるほどの人気です。

UVに当てないと硬化しないことから時間をかけて形を整えることができ、技術の習得もさほど難しくありません。
専用UVライト機器が手軽に購入できます。

それでいて、濡れたような質感、丸みを帯びたフォルムを演出できるのですから、人気の高さも頷けます。

ジェルネイルには「ソフトジェル」と「ハードジェル」で、大きく分けて2つあります。
ソフトジェルは、主にポリッシュ(マニキュア)の代用として利用するのが一般的でしょう。
ポリッシュは手軽なのですが、カラーが傷みやすいという性質があります。
しかしソフトジェルであれば、ある程度の強度をもたせてカラーリングをすることができるのです。
他にも、チップオーバーレイという技法を用いて長さを演出することもできます。
オフの際には、リムーバーを浸透させることで落とすので、ポリッシュよりは少し手間がかかります。

一方、ハードジェルは長さを出したいときに使うジェルです。
「ジェルスカルプチュア」「ジェルスカルプ」とも呼ばれています。
ハードジェルは長さを出したいときに使用し、剥がすときには削って落とします。
爪の負荷で剥離しやすく、その防止策として爪にヤスリがけをして密着性を高めるのですが、そのために爪の傷みが大きくなりがちです。
素材価格としては、カラーとして利用するポリッシュ、長さを出すときに利用するスカルプチュアよりも高価です。
機器を揃えれば自分で手軽に利用できますが、その分、ソフトジェルをリムーバーなしで落とすだとか、不適切な処理をしていると、ひどく爪を傷める結果になります。
十分に注意をした上で、ネイルを楽しみましょう。

ネイルサロンの全国検索サイトです。ネイリストの求人も検索可能。ジェルネイル・スカルプなど安いクーポンが満載のポータルサイトです。

利用規約サイトマップ
Copy right(c) 2007-2019 ネイルサロン@全国ナビ All Rights Reserved.
まつげエクステ@サロンナビ