東京全域検索へ! ネイルの基礎知識
TOP > ネイルの基礎知識 > 3Dアート
ネイルの基礎知識

3Dアートとは?

3Dアートとは? 3Dアートは、ネイルアートの中でも上級クラスの立体アートです。
ネイルサロンでは非常に人気の高いアートの1つです。
ネイルシールでも3Dのものがありますが、ネイルサロンや自分で作る3Dアートのプクプク感、立体感には遥かに劣ります。
ただ、この3Dアートは自分で作るとなると、上級クラスというだけあって道具の専門知識を身につけておく必要があります。

素材のメインは、アクリルパウダーとアクリルリキッド。
アクリルパウダーを、アクリルリキッドで一時的に溶かして整形します。
これは、スカルプチュアなどのつけ爪の技法にも用いられます。

アクリルリキッドは揮発性が強く酸化しやすいので、換気には十分に注意して肌についたらすぐに洗い流す必要があります。
それから、アクリルリキッドで溶かしていられる時間は限られています。
徐々に固まっていきますので、時間との勝負になります。
3Dアート用の筆で、一気に描きましょう。
3Dアート用の筆は特殊なもので、価格もピンキリですが、やはり高いものほど仕上がりが違います。
これらの3Dアートに必要になる道具は、「スターターキット」のような名前でセット販売されています。

初心者でも気軽に始めることができますので、普通のネイルアートにひと味くわえたい、という方はぜひトライしてみてください。

ネイルサロンの全国検索サイトです。ネイリストの求人も検索可能。ジェルネイル・スカルプなど安いクーポンが満載のポータルサイトです。

利用規約サイトマップ
Copy right(c) 2007-2019 ネイルサロン@全国ナビ All Rights Reserved.
まつげエクステ@サロンナビ