東京全域検索へ! ネイルの基礎知識
ネイルの基礎知識

2枚爪とは?

二枚爪は、爪甲剥離症のひとつで、爪の先端から割れたり剥がれたりしてくる症状のことを指します。
爪は一見すると、一枚の板のようにも見えますが、実はそうではありません。
三層の板がくっつくことで、ひとつの爪を構成しています。
乾燥などによって爪が傷むとこの層が崩れ、二枚爪になります。
そのため、二枚爪は洗剤やリムーバーを多用する人や手先の細かい仕事をする人に多いと言われています。

特にリムーバーは爪の油脂を極端に薄くするため、使用後に十分な保湿をしなかったり、1週間に何度も使用したりすると、爪を傷ませることになってしまいます。
いったん二枚爪になると、慢性化しやすく非常に難治で、日頃の爪の手入れを丁寧に行う必要があります。
爪が伸びたときには通常、爪切りを使いますが、その際には入浴後などの爪が柔らかくなっている状態で、爪切りをするようにします。

深く爪を切りすぎないように注意し、仕上げにはヤスリで優しく整えてあげます。
水仕事や洗剤などの利用時には手袋を着用し、もし水で濡れたときには爪の割れ目に雑菌が繁殖しやすくなるため、しっかりと拭き取りましょう。
保湿のため、ハンドクリームやキューティクルオイルを塗り、同時にマッサージをすると効果的です。

爪の根元を30秒程度マッサージをすることで、爪の形状を整えることができます。
また、寝るときに手袋をするとクリームやオイルの浸透が高まり、さらに保湿効果が期待できます。
体の内側からの治療も大切です。
栄養面では、爪の主成分であるタンパク質を多めに摂取するように心がけ、ついでミネラルに気を配ります。
ご飯や麺類のような炭水化物を控えめにして、肉や魚のタンパク質、野菜や海藻類のミネラルを多めにする、というごくありふれた健康的な食事です。

地道に、ネイルケアと体調管理を続けることが、二枚爪の治療の近道です。

ネイルサロンの全国検索サイトです。ネイリストの求人も検索可能。ジェルネイル・スカルプなど安いクーポンが満載のポータルサイトです。

利用規約サイトマップ
Copy right(c) 2007-2019 ネイルサロン@全国ナビ All Rights Reserved.
まつげエクステ@サロンナビ