東京全域検索へ! ネイルの基礎知識
TOP > ネイルの基礎知識 > ネイルシール
ネイルの基礎知識

ネイルシールとは?

ネイルシールというのは、爪専用の薄いシールのことです。
アートの種類が幅広く、個人で簡単に楽しむことができます。

各メーカーによって使い方にバラつきがありますが、シールを爪の上に貼り、トップコートをするのが一般的です。
そして最後に、ファイリングを忘れずに行います。
シール自体を自作することも可能です。

セロハンテープに好きな色のポリッシュ(マニキュア)を塗り、完全に乾かします。
それから、それをラインや三角形に切り出し、シールは出来上がり。
あとは自分の爪にベースコートとポリッシュをし、先ほど作ったひとつひとつシールをのせます。

仕上げにトップコートを塗れば完成です。
ただ、ネイルシールは手軽にネイルを楽しめる分、艶などの見た目の美しさや剥がれにくさはどうしてもジェルネイルなどに劣ります。
剥がすときは、リムーバーを使ってトップコートと一緒に落とします。
もしうまく剥がれずにベトベトになったとしても、決して削ってはいけません。
再度リムーバーを使い、丁寧に落としていきましょう。

豊富なバリエーションに加えて、自分でも手軽に作れるネイルシール。
費用もあまりかからず、自宅ですぐに始められるので、「ネイルに興味があるけど、ネイルサロンはちょっと・・・」という人にもオススメです。

ネイルサロンの全国検索サイトです。ネイリストの求人も検索可能。ジェルネイル・スカルプなど安いクーポンが満載のポータルサイトです。

利用規約サイトマップ
Copy right(c) 2007-2019 ネイルサロン@全国ナビ All Rights Reserved.
まつげエクステ@サロンナビ