東京全域検索へ! ネイルの基礎知識
TOP > ネイルの基礎知識 > ネイルリペア
ネイルの基礎知識

ネイルリペアとは?

ネイルリペア ネイルリペアとは、亀裂が入ってしまった爪を補修したり補強したりすることを指します。
またネイルアートでは、ジェルネイルやつけ爪のスカルプチュアの手直しを意味します。

Sponsored Links

人間の爪は脆いもので、気をつけておかないと、少し伸ばしただけで爪が欠けたり、折れたりすることは多々あるでしょう。
そこで補強の意味で、エナメルを塗ることで強度を上げることができます。
爪の補修も似たようなもので、アクリル製の樹脂を塗布することで修繕できます。

ジェルネイルやスカルプチュアも、時間が経過すると爪が割れるなどして傷んだり、あるいは爪とつけ爪の間に段差が生じて水分が入り込みカビの原因になったりします。
そうした場合は一度オフをして始めから作り直すのもひとつの手ですが、頻繁に繰り返すと一層、爪が傷んでしまいます。
リペアの際にはデザインを変更することも可能ですから、リペアという形で補修する方が爪の健康には良いでしょう。

個人でもネイルリペアはできないことはありません。
しかし、爪の健康に関わることであり、自分で行うのとプロにやってもらうのとでは、質にかなりの差があります。
できればネイルサロンなどの専門家に見てもらって、補強や手直しをしてもらいましょう。

ネイルサロンの全国検索サイトです。ネイリストの求人も検索可能。ジェルネイル・スカルプなど安いクーポンが満載のポータルサイトです。

利用規約サイトマップ
Copy right(c) 2007-2019 ネイルサロン@全国ナビ All Rights Reserved.
まつげエクステ@サロンナビ