東京全域検索へ! ネイルの基礎知識
TOP > ネイルの基礎知識 > ネイルケア
ネイルの基礎知識

ネイルケアとは?

ネイルケアとは? 爪とその周辺の手入れをすることを、ネイルケアと言います。
美容のためだけでなく、健康・生活のためにとても大切な行為です。

爪は、人によってかなり個人差がある上、季節や生活習慣、体調、年齢などさまざまな要因で変化します。
爪の状態から体調の変化を分析することもできますし、逆に爪のケアをすることで健康状態を向上させることもできます。
手軽なケアとしては、マッサージです。
普段の生活で爪が歪んだり、巻き爪気味になっていたりすれば、マッサージをすることで少しずつ矯正することができます。
また、こまめにマッサージをすれば爪の血行を促進することになり、ストレス解消・リラックスの効果があります。
このときハンドクリームやアロマオイルなどを用いれば、高いリラックス効果を得られます。

マッサージは、爪の生え際を両側からつまむようにして揉みます。
だいたい、1本の指につき10秒ほど揉み、それを日に2〜3度、行います。
ネイルカラーなどで飾らないときでも、ファイリングで形を整え、甘皮の手入れをして磨いておきましょう。
ベースコートを塗っておくと、爪を保護でき、艶を出すことにもつながります。
ネイルアートを施したり、つけ爪をしたりすると、その技法によってはかなり爪を傷めることもあります。
綺麗なネイルアートはモチベーションを上げてくれますが、それによって爪を傷めてしまうと逆効果です。

また、ポリッシュ(マニキュア)やリムーバーで爪が変質してしまうと、爪から分かる健康状態の悪化を見落としてしまいがちになります。
常日頃から、爪のケアには十分気を配るようにしましょう。

ネイルサロンの全国検索サイトです。ネイリストの求人も検索可能。ジェルネイル・スカルプなど安いクーポンが満載のポータルサイトです。

利用規約サイトマップ
Copy right(c) 2007-2019 ネイルサロン@全国ナビ All Rights Reserved.
まつげエクステ@サロンナビ