東京全域検索へ! ネイルの基礎知識
ネイルの基礎知識

クラックとは?

クラックとは? クラックというのは「裂け目」や「割れ目」を表す英語で、クラックネイルはその名が示すとおり、ひび割れを起こすという不思議なマニキュアです。
ベースとなるネイルカラーを塗った上にクラックネイルを塗ると、自然とピキピキとひび割れを起こしてワイルドな豹柄模様が出来上がります。
特別な技術がなくても、手順をしっかりと踏まえて行えば、簡単にひと味違ったネイルを楽しめることで人気です。

手順はそれほど難しくはありません。
まずはベースカラーを塗り、完全に乾かします。
乾かし具合が中途半端だと、うまく割れません。

それから割れ目を作る効果があるネイルクラックを一度だけ、厚めに塗りますが、この点だけ少し注意をする必要があります。
薄く塗ると割れませんし、二度塗りをしてもNGで、綺麗に割れてくれません。
一回で成功させなくてはなりません。慎重に塗っていきましょう。

乾いてくると、徐々に割れてきて模様が浮き出てきます。
完全に乾ききったら、仕上げにトップコートを塗って完成です。
クラックは塗った方向で割れる方向が決まりますし、塗るときの量で大きな割れ目になったり細かな割れ目になったりと、変化します。
普段はあまりしない柄のアートを手軽に楽しむことができるので、日々のネイルにマンネリ化してきたときにはオススメです。

なお、クラックネイルはメーカーによって多少、名称が異なることがあります。
キャンメイクやミシャではクラックネイルとして扱っていますが、同じく人気メーカーであるOPIではシャッターという名称で販売しています。
購入時には名称とネイルの効果をよく読んでから、購入した方が良いでしょう。

ネイルサロンの全国検索サイトです。ネイリストの求人も検索可能。ジェルネイル・スカルプなど安いクーポンが満載のポータルサイトです。

利用規約サイトマップ
Copy right(c) 2007-2019 ネイルサロン@全国ナビ All Rights Reserved.
まつげエクステ@サロンナビ