東京全域検索へ! ネイルの基礎知識
ネイルの基礎知識

深爪とは?

深爪とは?深爪は、爪を切りすぎて指先の皮膚や爪床が見えてしまうような状態を言います。
特に、爪床は爪とその下の皮膚部分が接合する部分で、毛細血管が集積しているため、この爪床が露呈して傷んだりすると化膿してしまうこともあります。
そうなると、最悪のケースでは菌が爪の下の深くまで入り込んでしまい、下手をすれば一度、爪自体を剥がさなくてはならないことも出てきます。

また、爪床が見えるほどひどい深爪ではない場合でも、その後の爪の成長に影響を及ぼし、陥入爪や巻き爪といった爪の変形を誘発してしまうこともあります。
深爪後の爪の成長は、普段の生活習慣に大きく左右されるため、成長過程には十分に注意をする必要があります。
綺麗に生えそうにないのであれば、早めにネイリストに相談しましょう。

ネイルサロンでは多くの場合、人工爪による矯正を行っていて、自然な爪の生え方へ戻すのを手伝ってくれます。
それと同時に、爪が生えるまでの間も人工爪が指を保護してくれますし、見た目も普通の爪と遜色なく普段どおりの生活を送りながら、深爪を治療していくことができます。

深爪はもともと、切りすぎなければなることのない症状です。
普段からネイルケアをするときには、爪を十分残した上でケアすることがポイントです。

ネイルサロンの全国検索サイトです。ネイリストの求人も検索可能。ジェルネイル・スカルプなど安いクーポンが満載のポータルサイトです。

利用規約サイトマップ
Copy right(c) 2007-2019 ネイルサロン@全国ナビ All Rights Reserved.
まつげエクステ@サロンナビ