東京全域検索へ! ネイルの基礎知識
TOP > ネイルの基礎知識 > ベースコート
ネイルの基礎知識

ベースコートとは?

ネイルカラーなどでネイルアートを行う前に、その下地として塗る保護剤です。
自爪を保護し、同時にトップコートの乗りを良くする効果があります。

ネイルアートを目的とする場合以外にも、ベースコートだけをしておくことで爪のツヤを引き出し、紫外線防止をしてくれるので、爪のケアにも欠かせないアイテムです。
使い方としては、まず最初に自爪を整えることから始めます。
爪表面の余分な汚れや油分をリムーバーで軽く拭き取ることで、ベースコートの持ちが良くなります。
塗るときにはまず爪と裏側部分に塗り、それから爪の中央から左右、手前側へと塗っていきます。
ハケの幅が均等になるように気をつけながら、端までしっかり塗り乾燥させれば、完成です。

ベースコートはネイルとカラーとの接着を高めてくれる、大切な保護剤です。
これを塗らずに直接ネイルカラーを塗ってしまうと、爪を傷めてしまうことになります。
ひどいときには、自爪が弱いと自爪のひび割れなどにも影響を及ぼすことがあります。

急いでいるときなどはネイルカラーを直接塗って終わりにしてしまいたくなるかもしれませんが、爪を美しくするだけでなく健康に保つためにも、必ずこのベースコートの工程を経るようにしましょう。

ネイルサロンの全国検索サイトです。ネイリストの求人も検索可能。ジェルネイル・スカルプなど安いクーポンが満載のポータルサイトです。

利用規約サイトマップ
Copy right(c) 2007-2019 ネイルサロン@全国ナビ All Rights Reserved.
まつげエクステ@サロンナビ