クーポンから探す! 東京周辺で検索
【東京都23区】
新宿銀座池袋
恵比寿・代官山品川・田町
吉祥寺・荻窪・阿佐ヶ谷
葛西
江東区板橋区大田区
【東京都23区以外】
立川八王子府中
調布町田
狛江・祖師ヶ谷・千歳船橋
【東京周辺】
神奈川県埼玉県千葉県
TOPICS(トピックス) 関連姉妹サイト
まつげエクステ@サロンナビ フェイシャル@サロンナビ ブラジリアンワックス@サロンナビ
お得なネイルクーポン満載サイト

新着ネイルサロン&クーポン

(データ更新日:2016/09/26)

注目のネイルサロン〜Pick UP Nail salon〜

ジェルネイルとは?

ジェルネイルとは? ジェルネイルには「ソフトジェル」と「ハードジェル」と、大きく分けて2つの種類がございます。
ソフトジェルは、主にポリッシュの代用として利用するのが一般的です。
ポリッシュは手軽なのですが、カラーが傷みやすいという特徴もあります。
しかしソフトジェルは、ある程度の強度をもたせてカラーリングをすることができるのです。
他にも、チップオーバーレイという技法を用いて長さを演出することもできます。
オフの際には、リムーバーを浸透させることで落とすので、ポリッシュよりは少し手間がかかります。

一方、ハードジェルは長さを出したいときに使うジェルです。
「ジェルスカルプチュア」「ジェルスカルプ」とも呼ばれています。
ハードジェルは長さを出したいときに使用し、剥がすときには削って落とします。

スカルプチェアとは?

スカルプチェアとは? つけ爪の一種です。爪の上にアクリル樹脂を直接のせ、爪の延長・補強をします。
日本では「スカルプ」と略して言うのも一般的になっています。
ジェルネイルに比べて素材が安価で強度が強く、水などにも強いです。
ですが、基本的に自分で施術することは難しく、爪への負担も大きいので、ネイルサロンで施術してもらうことになります。

施術はまず、スカルプチュアをしっかりとつけるために、甘皮の処理をします。
また、爪は短い方が持ちが良くなるから、少し長くなっていれば爪を切っておきます。
長さや形を決めたら、アクリルパウダーを爪にのせ、形を作ります。
アクリルリキッドをつけた筆にパウダーをつけると重合反応で少しずつ固まっていきます。
ネイルアートを施し、仕上げはジェルコートやトップコートをします。
施術後、数週間すると爪の伸びがもとで根元が浮いてしまい、形が崩れてしまいます。
そのままだと浮いた箇所に水分などがたまり、カビの原因にもなりますので、ネイルサロンで取り外すか、リペア(手直し)をしてもらいましょう。

利用規約サイトマップ
Copy right(c) 2007-2016 ネイルサロン@全国ナビ All Rights Reserved.
まつげエクステ@サロンナビ